スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日

今日は5限終了後。
就職ガイダンスがあった。

全然将来の自分の姿が想像できとらんから
メッチャあせってる・・・。
いったい将来の自分はどんなことをしているんやろうな??


そんで、将来のことに悩みを持った状態でBOXに。
BOXにいると4回生のチキンさんが出現。

チキンさんは同じく4回生のまさとさんを召喚して
一緒にご飯を食べに行くことに♪

途中で玉ちゃんとも出会い
そのままご飯を食べる♪


色々、良い話を聞ける機会やった。
先輩たちの助言として

「今はESSを一生懸命しておいた方が良い。」
「就活は大学生活で何をしていたかが重要や。」


色々将来について悩んでいたので
ちょっと胸が楽になった気分。

今度、暇なときに宅飲みを計画して
俺を潰してくれるということやので(笑)
今から鍛えておこうかな。
コメント

No title

「就活は大学生活で何をしていたかが重要や。」
ちょっと語弊が生まれそうなので訂正しときます。
重要なのは「何をしていたか」よりも何を「どうしたか」の方が重要です。
すなわち、いちろーの場合、「グループリーダーやってました」よりも「グループリーダーとして○○の様な工夫をして結果○○を実現しました」って言った方が説得力があり、かつその人の思考も読めるのでベスト。
例えば、「みんなが楽しんでグループ活動に参加できるように、どんな時でも笑顔で対応してました」みたいな感じだね。

つまり、「何をしていたか」という「What」ではなく「どのように」また「なぜそうしたのか」という「How」や「Why」を考えるべきなんだよ。


じゃあ、今いちろーがすべきことは何か?それはただ一生懸命サークルの執行をすることではなく、サークルの執行を通して何を実現したいか?またはその目的とは何か?そして、その目的達成のためにどのような工夫をするか?を考えて行動しなくちゃね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。