スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京遠征5日目~余談~

この話は東京遠征の
大反省会が終わったあとの
世にも奇妙な物語です。

新宿で行われた
大反省会・接待コンパの後

宿泊しているオリンピック・センター(以下オリセン)の
最寄駅参宮橋へとみんなで向かいました。

僕と増田君は
この後に行われるパーティーのために
この駅付近のコンビニで
氷の買い出しに行くことに。

氷が溶けてはいかんので
パーティー開始直前に氷を買う
ということで駅付近に30分ほど待機。


ところが、
みんながオリセンに到着したのが
予定よりも少し遅れ
パーティーの開始時間も30分遅れることに。


僕ら2人は1時間ほど
参宮橋駅付近で暇を弄ぶことになったのです。

お腹が減ったの僕らは近くでご飯を食べましたが
店を出てもまだ30分も時間が余る状態。
このとき時刻は12時前。

昨日のほぼ徹夜により
睡眠欲に負けた僕らは
近くのコンビニの前にあった
階段に座って20分ほどの仮眠をとることに。

これがすべての間違いでした。。。





目が覚めると
夜の1時近く。

なんと1時間も仮眠をしてしまったのです。

そしてなんと驚くべきことに、
近くで一緒に寝てたはずの


増田君の姿が消えていました。



彼が持っていた
荷物だけを残し。。。


僕はまさか荷物を残して
帰る訳がないと思い
増田君を探す旅に出ました。


しかし、近くを探せど探せど
彼の姿は見当たりません。

しょうがなく僕は
チーフの内田君に電話をかけ
買出しを手伝ってもらうことに。

そのとき
内田君は僕の想像を打ち破る
発言を残しました。

「まっすならオリセンのベンチで寝ていたよ」

「・・・」



後日、増田君にその時のことを聞くと

増田君自身も帰った記憶がないそうで

「なぜ俺がオリセンにいたのかさっぱりわからん」



彼が眠りながら歩いて帰ったのか
眠りながら瞬間移動をできるようになったのかは
東遠の永遠の謎です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。